Within country-Travel Agency

百合ヶ浜は人気のスポット|日々の疲れをリフレッシュ

与論島の絶景スポット

幻の白い砂浜

写真

九州本土を離れて南西部の奄美大島があり、さらに南西に徳之島、その延長に沖永良部島、さらに延長上に与論島があります。奄美群島の中で沖縄本土寄り22kmに位置するサンゴ礁の島です。与論島は太古の昔に地殻変動により起こった隆起により石灰岩で出来た島です。与論島の観光絶景スポットとして、島を訪れた際に必ず行っておきたいところが百合ヶ浜です。通常、浜と名の付く海は砂浜で海水浴などが楽しめる海岸線をイメージしますが、百合ヶ浜は与論島から1.5km東方沖合にあり、砂州を形成しており、引き潮の時のみに島状に砂州が出現します。潮位によって砂州の出方が異なり、干潮時でも潮の引きが大きくなければ出現しません。百合ヶ浜は幻の白い砂浜と言われ、絶景スポットとして観光客が多く訪れます。島内の観光ガイドに百合ヶ浜の出現予測スケジュールが紹介されています。百合ヶ浜の名前の由来は百合の白い花を思わせる浜辺という意味です。通常は海岸近くに砂や細かな石によって形成される堆積構造で、潮が大引けした時にハワイの砂浜を思わせるサンドバーが出現し、これが絶景として奄美十景として知られています。ここでは星の砂と言われる、星というよりはヒトデの形をした砂が見られます。星の砂とはアメーバーやゾウリムシのような原生生物である有孔虫の殻です。この星の砂が堆積して出来たのが百合ヶ浜です。日本国内でハワイのサンドバーと同様の絶景が見れるため非常に人気のスポットとなっています。

幻の砂浜

観光名所

世界中には、一度は行ってみたい絶景スポットが数多くあります。日本にもそんな絶景スポットがありますが、その中のひとつが百合ヶ浜です。百合ヶ浜は、鹿児島県の最南端、与論島にある場所です。百合ヶ浜の何が絶景スポットかというと、条件がそろった時に出現する幻の砂浜です。突然現れる砂浜はサンドバーとも呼ばれています。ハワイに有名なサンドバーがありますが、日本でもサンドバーを見ることができるのです。百合ヶ浜は、実は実際には砂浜ではなく、与論島の東の沖合にある砂州なのですが、その砂州は大きく潮が引いたときにだけ出現します。白い砂が砂丘の風紋のようになり、どこまでも続く波のように見えます。百合ヶ浜は、日によって出現する時間や位置、砂州の大きさが異なります。百合ヶ浜を見るためには、潮位を確認して日程、時間を決めなければなりません。また、百合ヶ浜の砂の粒は独特な形をしており、星の砂と呼ばれています。星の形をしていることからそう呼ばれていますが、百合ヶ浜の星の砂を年齢の数だけ持ち帰ると、幸運が訪れるという言い伝えもあります。百合ヶ浜は、与論島の海岸線にはないため、最寄りの海岸からグラスボートなどを利用して行く方法になります。大金久海岸が最も近い海岸で、そこからグラスボードを利用することができます。与論島へのアクセスは、鹿児島から、那覇から、奄美から、毎日飛行機が運航しています。また、鹿児島、那覇からフェリーも毎日運航しています。

美味しいグルメも充実

ウーマン

特定の季節、時間でしか姿を現さないとされる百合ヶ浜は、鹿児島県最南端の小島、与論島近海にある砂州です。透明度抜群の海と色とりどりの珊瑚礁、その中で漂う熱帯魚など、この世のものとは思えないほど美しい光景を見ることができるため、誰もが一度は行ってみたいと言われています。そんな観光スポットとして存在する百合ヶ浜ですが、当然ながら直接向かうことはできず、必ず与論島を経由することになります。人口約6,000人となる小さな島なので、百合ヶ浜に行く以外に楽しめるものはないと思われがちですが、島内でも美しい自然に溢れ、さらに沖縄料理や南国風グルメがあることから、意外と飽きることのない観光ができます。与論島の特産品は、その美しい海洋から組み上げられた海洋深層水によって作られる塩、サトウキビを発酵させて作られるお酢、乾燥もずくから作られたもずくそばなどがあります。基本的に沖縄料理がベースとなっており、ゴーヤを使った一品料理や地鶏、近海で獲れた魚介類を楽しめます。飲み物も特徴的なものが多く、甘すぎずクセの少ないハチミツミルクやハイビスカスを使ったものがあり、それらを用意したお洒落なカフェが島内のあちこちで見かけることができます。また、沖縄特有のお酒なども揃っており、アルコール度数20%を超えた強いものが揃っています。昼間は百合ヶ浜で美しい景色を楽しみ、夜はまた強いお酒を飲んだり、お洒落なカフェでゆったりするなど時間いっぱいまで楽しめることでしょう。

幻の島に行こう

男女と海

鹿児島の最南端の与論島に出現する幻の島「百合ヶ浜」は、春から夏にかけてが見ごろのようです。旅行を計画するのならば事前に確認することが必要でしょう。きれいな海と真っ白な砂浜が日頃の疲れを癒してくれると思います。

もっと読む

日本にもある、南の楽園

女の人

与論島は鹿児島県奄美諸島の南端に位置し、日本の南の島の楽園です。なかでも百合ヶ浜は「幻の島」呼ばれる場所で有名で、一定期間の干潮時のみにしか現れないから幻といわれています。百合ヶ浜の海の透明度は抜群で、白い砂浜と青い空とのコントラストは超絶な美しさです。死ぬまでに一度は訪れてみたいものです。

もっと読む

与論島の絶景スポット

写真

百合ヶ浜は与論島から東に1.5kmの位置に干潮時の大引けのみの出現する砂州です。幻の白い砂浜と言われて奄美十景の一つとして有名になっています。百合ヶ浜はハワイの海岸のようなサンドバーを形成しており透き通る広がる海が絶景です。

もっと読む