Within country-Travel Agency

百合ヶ浜は人気のスポット|日々の疲れをリフレッシュ

日本にもある、南の楽園

超絶美しい透明な海

女の人

南の島の楽園といえば、どんなところを思い浮かべますでしょうか。ハワイ、タヒチ、フィジー島などなど、海外の有名どころを挙げる人が多いのではないでしょうか。しかし、日本でも南の島の楽園は存在します。それは、鹿児島県奄美諸島南端の与論島です。沖縄本島から21キロメートルしか離れておらず、天気の良い日には沖縄本島を眺めることができます。「死ぬまでに一度は行きたい日本の絶景」としてメディアでもとりあげられ、最近注目の観光スポットです。なかでも絶対に訪れたいのは、幻の島といわれる「百合ヶ浜」です。なぜ幻かというと、百合ヶ浜は4月から10月の干潮時のみ現れる砂浜で、いつでもそこにあるというものではないからです。百合ヶ浜の海は透明度が抜群で、下の砂が透けて見えたり、カヌーが浮いて見えたりします。真っ青な空と真っ白な砂浜、限りなく透明な海のコントラストは息をのむ美しさです。潜ってみると、そこはお魚の楽園、きれいな色とりどりの熱帯魚を見ることができます。タイミングが良ければ、ウミガメにもあえるかもしれません。百合ヶ浜の白い砂浜は、砂の粒ひとつひとつが独特の形をしており、「星の砂」と呼ばれています。星のような形をしていることが由来で、この砂を年齢の数だけ持ち帰れば幸せになれるという伝説があります。夕方から夜の見どころは、さえぎるものが何もないため、夕日が美しく映え、満点の降ってくるような星空はロマンチックな気分いっぱいになります。与論島では、自然の雄大さや地球の美しさを肌で感じ、日常とは違う時間の流れを感じることができます。癒しやリフレッシュを求めて訪れる人は年々増加傾向にあります。そんな奇跡の島に一度は訪れてみてはいかがでしょうか。

一度は訪れたい場所

女性

鹿児島県の与論島にあります「百合ヶ浜」をご存知でしょうか。与論島は鹿児島の最南端に位置する島で、沖縄にも近い場所です。とても素朴で観光地化されていない場所なので、ありのままの自然の美しさを堪能できます。とくに美しい光景とされている、海に浮かぶように現れる浅瀬の砂洲はサンドバーと呼ばれています。海外にしかないというイメージのサンドバーですが、実は日本の与論島にもあります。島の大金久海岸からグラスボートで15分ほどのところに、幻の砂浜と言われている「百合ヶ浜」があります。実際に百合ヶ浜に近づくほど、海の透明度が高くなります。シュノーケルなどマリンスポーツももちろん楽しめます。荷物は濡れてしまうこともありますので最小限で行きましょう。日陰などはないので、日焼けが心配な方は日焼け止めなどしっかり対策してくださいね。運がよければウミガメなどもみることができます。この百合ヶ浜が見られる時期は一年のうちでも限られています。春から夏にかけて大潮の干潮時だけ見られます。また日によっても現れる時間や位置や大きさは異なりますので、同じ形のものは二度と見られないかもしれないという特別感があります。天候が悪いと船が出ませんので、訪れられた方は本当に幸運です。また、他にも百合ヶ浜の砂浜には星の形をした砂があります。自分の歳の数だけ、その星砂を見つけると幸せになれるという言い伝えもあります。美しくとてもロマンチックな島ですので、機会がありましたらぜひ訪れてみてください。

与論島には魅力が沢山ある

レディ

みなさんは鹿児島県の与論島をご存知でしょうか。鹿児島県の離島といえば屋久杉で有名な屋久島や、宇宙ロケット発射基地がある種子島が有名ですが、もっと南にある与論島は国内とは思えない魅力がいっぱいな島です。与論島では、まずは百合ヶ浜という砂浜がおすすめです。こちらの百合ヶ浜は国内では大変珍しいサンドバーといわれる砂州で、ハワイのカネオヘ湾に現れるような潮の満ち引きで現れる砂浜です。百合ヶ浜は真っ白な砂で星の砂といわれるサンゴが積もったものが砂となっています。海はエメラルドグリーンで透明度がすごいです。本当にきれいな場所で、国内とは思えません。また、与論島にはこの百合ヶ浜のほか魅力的な観光地がたくさんありません。例えば赤崎鍾乳洞では普段感じることのできない地下世界を見ることができます。内部は涼しく、変わったかたちの石や岩がたくさんあり、海とはまた違った美しさを感じることができると思います。また、与論城跡では高台となった場所から、島内を一望できてとてもきれいな風景を満喫することができます。与論城は昔、琉球王国であったときに築かれた城で、現在でも石垣が残っているため高台となっています。与論島は鹿児島県ですが、昔は琉球王国の一部だったので、沖縄の雰囲気がありゴーヤなど果物など沖縄と共通する名産品もあります。与論島へは鹿児島・那覇から飛行機で行くか、鹿児島からフェリーがでています。時間があるならゆっくり船で上陸するのも風情があっていいですよ。

幻の島に行こう

男女と海

鹿児島の最南端の与論島に出現する幻の島「百合ヶ浜」は、春から夏にかけてが見ごろのようです。旅行を計画するのならば事前に確認することが必要でしょう。きれいな海と真っ白な砂浜が日頃の疲れを癒してくれると思います。

もっと読む

日本にもある、南の楽園

女の人

与論島は鹿児島県奄美諸島の南端に位置し、日本の南の島の楽園です。なかでも百合ヶ浜は「幻の島」呼ばれる場所で有名で、一定期間の干潮時のみにしか現れないから幻といわれています。百合ヶ浜の海の透明度は抜群で、白い砂浜と青い空とのコントラストは超絶な美しさです。死ぬまでに一度は訪れてみたいものです。

もっと読む

与論島の絶景スポット

写真

百合ヶ浜は与論島から東に1.5kmの位置に干潮時の大引けのみの出現する砂州です。幻の白い砂浜と言われて奄美十景の一つとして有名になっています。百合ヶ浜はハワイの海岸のようなサンドバーを形成しており透き通る広がる海が絶景です。

もっと読む