非日常空間でリラックス

自然を満喫できる観光地

旅行バッグ

日本国内で自然を満喫できるエリアとして百合ヶ浜があります。与論島にある地域で、日本屈指の美しい海を満喫できるエリアとして人気があり、空港やフェリーターミナルもあり、交通アクセスが良いのも人気の理由でしょう。また百合ヶ浜を満喫できるエリアに宿泊施設もあり、いろいろなタイプから選べるようになっています。与論島滞在中の楽しみ方に合わせて宿泊施設を選びましょう。例えば開放感あふれた南国気分を満喫したのであればリゾートホテルを選ぶ事ができるでしょう。またのんびりとした雰囲気で百合ヶ浜を含めた自然を満喫したいのであれば、旅館や民宿などを選んで地域の雰囲気と生活を楽しめるでしょう。さらに家族や友人同士で存分に楽しみたいのであれば、ペンションなどを活用して盛り上がることもできます。つまり、百合ヶ浜を含む与論島での宿泊は滞在の目的や規模、一緒に観光に行く人たちによって変化を付けることができます。ホテルや旅館によっては、さまざまなアクティビティを用意していることも多いので、事前に確認しておくことで一層充実した時間を過ごすことができます。百合ヶ浜は大変美しい海を満喫できるでしょう。宿泊施設は百合ヶ浜を取り扱った旅行ガイドやインターネットの旅行サイトから探すことができ、必要な情報を得ることができます。連絡先が記載されているので、事前に問い合わせることで必要なサービスやアクティビティの情報も詳しく得られます。活用できる情報を徹底的に活用して、美しい海として有名な百合ヶ浜を満喫しましょう。

グラスボートで絶景満喫

風船

「百合ヶ浜」と聞くと、どこかの海岸に広がる砂浜の海水浴場か何かを想像する人も多いかと思います。実はこの百合ヶ浜は、鹿児島県の最南端、与論島の沖にあって、潮が引いた時だけ一時的に海の上に姿を現す「砂州」のことを言います。正確には、与論島の東端にある大金久海岸の沖合1.5キロほどの所にあり、春から夏にかけての大潮の干潮時に限って数時間だけ出現しますが、現れる時間や大きさ・形はその時々で変化します。ネットでみると、島の観光ガイドのページに4月以降の出現時間の予測が公表されていますが、悪天候の時など、風や波の状況次第で予測通りに現れないこともあるので、承知しておきましょう。百合ヶ浜に渡るには、大金久海岸からグラスボートを利用するのが一般的で、15分程度で到着できます。グラスボートは数社が運航していて、百合ヶ浜送迎の場合は、2,000円が基本ですが、これに各種ツアーを組み合わせるオプションプランも用意されていて、運航主体によって若干差異があります。上陸する際は、浅瀬を歩くこともあるので、足が海水に浸かっても大丈夫な格好で行きましょう。また、「浜」と言っても海の上なので、日差しを避けるための建物などは一切ありませんから、過度に日焼けをしないよう肌の露出を控える服装にするか、日焼け止めなどの対策をしておく必要があります。透明度が高いエメラルドグリーンの海に浮かぶ白い砂浜は遠方から見ても絶景ですが、実際に百合ヶ浜に上陸することで更に自然を満喫できること間違いありません。

鹿児島から1日1便

婦人

百合ヶ浜は鹿児島県与論島の大金久海岸の沖合1.5キロにあります。普段は海中にあり、春から秋の大潮の干潮時だけに姿を現す真っ白な砂浜で「天国に一番近い島」や「幻の浜」と呼ばれています。砂浜と言っても実際はサンゴなどの海中生物が砕けて砂状に累積されたもので、星型の砂を年齢の数だけ見つけると幸せが訪れると言われています。ダイビングやシュノーケリングなども人気の観光スポットです。百合ヶ浜のある与論島へは鹿児島から飛行機かフェリーで行くルートしかありませんので、主要都市からはまず鹿児島を目指す必要があります。鹿児島空港からの飛行機はおよそ1時間10分の所要時間で1日1便ですが基本的に毎日運航しています。観光シーズンには臨時便が出ることもありますので運航ダイヤを確認することが必要です。フェリーも1日1便ですが、所要時間がおよそ20時間もかかるためスケジュールに余裕が無い場合の利用は難しいです。与論島からは大金久海岸を目指しますが、島内の交通機関はレンタカーかバス、タクシーのみです。バスは1日10便で北回りと南回りの2系統がありますが、南回りはかなり遠回りになるので北回りを利用しましょう。所要時間はおよそ20分です。百合ヶ浜に着いたらグラスボートがありますが、前述のように出現していない時間の方が多いので、出現時間を確認してから向かいましょう。同じ場所、同じ形として出現することは2度と無い百合ヶ浜。ぜひ一度訪れて幻の浜を体験してみてはいかがでしょうか。

幻の島に行こう

男女と海

鹿児島の最南端の与論島に出現する幻の島「百合ヶ浜」は、春から夏にかけてが見ごろのようです。旅行を計画するのならば事前に確認することが必要でしょう。きれいな海と真っ白な砂浜が日頃の疲れを癒してくれると思います。

もっと読む

日本にもある、南の楽園

女の人

与論島は鹿児島県奄美諸島の南端に位置し、日本の南の島の楽園です。なかでも百合ヶ浜は「幻の島」呼ばれる場所で有名で、一定期間の干潮時のみにしか現れないから幻といわれています。百合ヶ浜の海の透明度は抜群で、白い砂浜と青い空とのコントラストは超絶な美しさです。死ぬまでに一度は訪れてみたいものです。

もっと読む

与論島の絶景スポット

写真

百合ヶ浜は与論島から東に1.5kmの位置に干潮時の大引けのみの出現する砂州です。幻の白い砂浜と言われて奄美十景の一つとして有名になっています。百合ヶ浜はハワイの海岸のようなサンドバーを形成しており透き通る広がる海が絶景です。

もっと読む